ロカボと筋トレと冷食と。

冷食大好きサラリーマンによるロカボダイエットを通じて、正しい糖質制限(ロカボ食)と冷食の魅力を伝えていきます♪

素晴らしい改良(冷食小ネタ③)

 

 

こんばんは(´・∀・`)

 

 

今回はとある商品のリニューアルに関する小ネタです!

 

 

 

それは………

 

 

 

冷凍の肉まん(`•ω•´)

 

 

毎年、冬になると冷凍食品売場に登場します

 

 

大阪王将(イートアンド)や井村屋が有名です

 

 

この冷凍食品の肉まん、従来品には調理方法にある難点がありました

 

 

たとえばこちら、大阪王将(イートアンド)の冷凍「ふっくら豚まん」

f:id:hey1youngerboy:20181106121135j:image

 

 

裏面を見ると…………


f:id:hey1youngerboy:20181106121131j:image

 

①大きめのラップで包む

 

 

「①大きめのラップで包む」……?

 

 

ラップは引けば引くほど長くなるものの、横幅は変わりません

 

 

容易に想像がつく通り、ラップでこの指示は……ちょっと難しいです笑

 

 

どうしたって隙間が出来てしまうので、レンジでちゃんと蒸すには専用の容器が必要ですね

 

 

そんな冷凍肉まんに付き物の難点を、この度のリニューアルで改善したのが……

 

 

井村屋の「ゴールド肉まん/ピザまん」!!

 

 

f:id:hey1youngerboy:20181125153852j:image

 

 

左上のアイコンを見ると……

 


f:id:hey1youngerboy:20181125153905j:image

 

!!!!!!(  ;・`Д・´)

 

 

内袋付き(個包装)の仕様になっています!

 

 

これで蒸し立ての美味しさが誰でも簡単に再現できそうですね♪

 

 

肉まんを1個取り出してみました
f:id:hey1youngerboy:20181125153846j:image

 

 

こちらはピザまんです
f:id:hey1youngerboy:20181125153901j:image

 

 

裏面の作り方に従って調理します

f:id:hey1youngerboy:20181125154253j:image

 

(3)の「蒸らす」工程を忘れずに…

 

 

できました!!
f:id:hey1youngerboy:20181125153857j:image

 

 

半分に割ると、中具はこんな感じです
f:id:hey1youngerboy:20181125153841j:image

 

 

食べてみた感想としては、肉まんはチルドの肉まんのように、中具が塊になっているので、この辺の改善が次の課題かもしれません

 

 

コンビニで買う熱々の肉まんの中具にはまだ追いついていないようです(´・ω・`)

 

 

逆に、ピザまんはピザソース+とろ〜りチーズというシンプルな中具なので、コンビニのピザまんと遜色ない出来でした!

 

 

ちなみに価格は税込で246円でした

 

 

2個入りなので、価格もコンビニの肉まんと同じ水準です

 

 

冷え込んだ日の朝、自宅ですぐに、手軽に、中華まんが食べられることを踏まえて、高いとみるか、安いとみるか…(´・∀・`)

 

 

今回は、冷凍食品の素晴らしき進化をお伝えしました!

 

 

最後までお読み下さり、ありがとうございました(๑′ᴗ‵๑)

ローソンの冷凍食品(新商品です!)

 

 

こんにちは(`•ω•´)

 

 

今日はローソンの冷凍食品で、11/6に発売となった新商品を紹介します

 

 

 

麺屋武蔵監修 焼おにぎり

 

f:id:hey1youngerboy:20181125155557j:image

 

先日の記事でテーブルマークから麺屋武蔵監修の玉ラーメン、チャーシュー麺が出ることを紹介しましたが、冷食第3弾はまさかの「焼おにぎり」

 

 

いっぺんに2個食べる場合は、切れ込みを入れて袋ごとレンジで温めることも可能とのことです。

 

 

1個ずつの場合はトレーを切り離し、トレーに入れたまま温めます(500Wで2分40秒)

 

 

出来ました♪

 

f:id:hey1youngerboy:20181125160159j:image

 

 

拡大写真がこちらです

 

f:id:hey1youngerboy:20181125160204j:image

 

 

チャーシューとメンマが混ぜ込んであるので食べ応えがあります(´・∀・`)

 

 

オーソドックスな醤油味の焼おにぎりとは違い、麺屋武蔵の特徴である動物系&魚介系のダブルの旨味を感じることもできます♪

 

 

値段は税込で268円!

 

 

1個80gなので少々割高に感じるかもしれませんが、有名店とのコラボでこだわり設計の焼おにぎりなので、充分試してみる価値アリです(`•ω•´)

 

 

今回は以上です!

 

 

小腹を満たしたので、これからジムに行ってきます笑

 

 

今日はスクワットと腹筋です(`🔥ω🔥´)

 

 

45度レッグプレスで140kgを押し上げてきたいと思います笑

 

 

※これです

f:id:hey1youngerboy:20181125172721j:image

 

 

それでは!最後まで読んで下さり、ありがとうございました♪

ウソはついてないけれど…(冷食小ネタ②)

 

 

こんばんは。

 

 

今回は冷食小ネタ第2弾です。

 

 

扱う商品はこちら!

 

 

f:id:hey1youngerboy:20181104233610j:image

 

 

デミグラスソースやトマトケチャップで有名、耳に残るリズムで読まれる社名のCMでもお馴染み(?)の……ハインツ!

 

 

最初にこの商品を見つけたとき、思わず声を上げそうになったんですよね

 

 

「えぇっ!?ビーフ100%??」

 

 

筋トレに励む者としてハンバーグは貴重なタンパク源です

 

物は試し…と即購入を決めて帰宅したわけですが……

 

 

改めて裏面を見てみると…?


f:id:hey1youngerboy:20181104233542j:image

 

なんか思った以上にいっぱい書いてある……

 

「つなぎ」もしっかり書いてある…

 

 

更に注意深く見てみると……

 

f:id:hey1youngerboy:20181104234254p:image

 

!!!!!!!

 

ビーフ100%=パテ中の肉に占める割合」

 

 

ビーフ100%=パテ中の肉に占める割合」

 

 

 

ビーフ100%=パテ中の肉に占める割合」

 

 

 

 

ビーフ100%=パテ中のn………

 

 

そういうことですか(´・ω・`)

 

 

ハンバーグって、合挽き肉使うことも多いですもんね

 

 

肉には牛肉しか使ってませんよ、も確かにビーフ100%です(´+ω+`)嘘じゃない…

 

 

ともかく、過去記事でもマルハニチロ日本ハム冷凍食品のハンバーグを食べて来ているので、実際に食べてみました!

 

 

一般的な冷凍ハンバーグ同様、20分ほどかけて湯煎して出来上がりです(レンジで作れる日ハムのが異端…いや、凄いことですよね)


f:id:hey1youngerboy:20181104233547j:image

 

肉汁じゅわ
f:id:hey1youngerboy:20181104233537j:image

 

さすがハインツと言うべき濃厚なデミグラスソース。何だかんだ美味しく食べられました♪

 

 

そしてこっちも購入してしまうという笑


f:id:hey1youngerboy:20181104233553j:image

 


f:id:hey1youngerboy:20181104233602j:image

 

見た目では違いが分かりません!

f:id:hey1youngerboy:20181104233528j:image

 

 

が………

 

 

 

じゅわトロッ
f:id:hey1youngerboy:20181104233522j:image

 

濃厚なデミグラスソースに濃厚なチーズ。

 

 

こちらも美味しく頂きました♪

 

 

冷食の技術的に「つなぎ」なしの100%ビーフハンバーグが可能なのかどうかは分かりませんが(冷食として求められる価格とコストが全く釣り合わないのかも?)、

 

 

進化著しい冷凍食品ですから、いつかそんな商品も出ないかなぁ…と静かに期待して、小ネタ記事を終わります(ノ∀`)

 

 

最後まで読んで下さりありがとうございました(๑′ᴗ‵๑)

更新【'18秋冬の新商品】テーブルマーク【実食も!!】

 

 

こんばんは。

 

 

長らく更新出来ず申し訳ありません…

 

 

肌寒い季節がやって来ましたが、“秋冬”の新商品ですので、各社9/1発売とはいえ、これからが本番という商品も多くあります。

 

 

今回はテーブルマーク株式会社です!

f:id:hey1youngerboy:20181104220022p:image

 

新商品は全7品。リニューアルが全25品と多いせいか、今回は控えめのようです

 

 

詳しくは下記をご覧ください

 

さっそく上から順に見ていきます

 

f:id:hey1youngerboy:20181104220410p:image

(1)麺屋武蔵監修 中華麺3食

期待度★☆☆☆☆

 

冷凍うどん、冷凍そばは今やチルドにも迫る勢い?とてもよく普及していますが、冷凍の玉ラーメンですか……(  ;・`Д・´)

 

 

パッケージにある通り、「鍋〆に…」という使い方は、確かに冷凍うどんよりもメジャーですよね♪

 

 

自分のような一人暮らしはともかく、これからの寒い季節、家族で鍋を囲むときには間違いなく便利なはずです

 

 

ちなみに、監修店の「麺屋武蔵」は、東京・新宿に総本店を構えており、券売機を初めて導入したり、四季を感じられる季節限定メニューを取り入れたりと、ラーメン文化の先駆け的存在らしいです(´・ω・`)💡

 

 

(2)麺屋武蔵監修 魚介豚骨チャーシュー麺

期待度★★★★★

 

こちらは1食完結の具付き麺!!期待度は一気に上がります笑

 

 

麺屋武蔵の最大の特徴である、動物系と魚介系のダブルスープを再現しているとのこと。

 

 

豚バラのチャーシューもこだわりの釜炊きで3枚入り!

 

 

名店の味が東京にいなくても楽しめる、というのがイイですね。

 

 

実際に食べてみました!


f:id:hey1youngerboy:20181104220302j:image

 

 

液体スープを丼に出します。
f:id:hey1youngerboy:20181104220106j:image

カチカチに凍ってるわけではないため、簡単に絞り出せました

 

 

280gのお湯で溶いて……具付き麺入りのトレーはラップをかけてレンジでチン!(500W約4分半)
f:id:hey1youngerboy:20181104220034j:image

 

 

慎重に丼に投入して簡単に出来上がり♪
f:id:hey1youngerboy:20181104220045j:image

 

 

チャーシューも迫力あります
f:id:hey1youngerboy:20181104220127j:image

 

 

麺はモチモチの太麺で、食べ応えバツグン

 

スープはそこまで濃厚というわけでもなく、魚介と豚骨のバランスよい味わいで、ついつい飲みたくなります(´・∀・`;)キケン…笑

 

 

特に、チャーシューにビックリしましたね(  ;・`Д・´)

 

 

ちょっとグレードの高いカップ麺であっても絶対に太刀打ち出来ない、冷食ならではのホンモノ食感と旨味でした!

 

 

f:id:hey1youngerboy:20181104220357p:image

 

(3)だし香る 鮭五目ごはん

期待度★★★☆☆

 

去年も鮭を使った和風のごはんはありましたよね(´・ω・`)

 

鮭フレークとごはん、間違いなく美味しい組合せです(*´﹃`*)

 

 

どちらかというとリニューアルっぽい感じなので、食べなくても美味しさは分かっているというか笑

 

 

そういう意味も含めての★3ですね

 

 

↓↓↓からの……実食!↓↓↓

 

 

f:id:hey1youngerboy:20181106115706j:image

 

半分くらいの量をレンジで温めました(500Wで4分)
f:id:hey1youngerboy:20181106115710j:image

 

隣はこの秋「さらにおいしくなりました!」とリニューアルした「国産若鶏の塩唐揚げ280g」です笑

 

f:id:hey1youngerboy:20181106120024j:image

(テーブルマークHPより)

 

ジューシーさが増したような気がするのと、食べ応えは相変わらず◎

 

 

さてさて、メインの鮭五目ごはんですが…

 

アップ写真はこんな感じです。

f:id:hey1youngerboy:20181106115702j:image

 

お茶碗2杯分ということですね♪

 

 

鮭フレークがしっかり入っていて、だしが効いてます。かき込みたくなる味わい♪

 

 

葉大根が味のアクセントになっていて、れんこんで食感も楽しめました(*´ω`*)

 

 

おにぎりにして持って行きたいくらいです笑

 

 

(4)炙り焼肉ライスバーガー

期待度★★★★☆

 

ライスバーガーといえばテーブルマーク東洋水産(マルちゃん)が以前から展開していますが、この商品はそれらより一回り大きめの156gです

 

 

コンビニのおにぎり🍙が大体1個100〜110gらしいので、この商品であれば1個でもかなりの満足感が得られそうですね

 

 

軽食には十分、女性なら昼食のメインにもいけるでしょう

 

小腹がすいたときに冷凍庫から取り出して簡単に…というのが最大のウリであることを考えると、「1個じゃなんか物足りない…」となると冷凍庫のスペースを考えても本末転倒で、

 

 

実際に従来品(テーブルマーク125g東洋水産120g)だと食べ盛りの男の子なんかにはそうなる可能性も大いにあったはずです

 

 

そんな悩ましさを吹き飛ばしてくれる待望の(?)新商品、というところですね(ノ∀`)

 

 

実際に食べてみました!

 

f:id:hey1youngerboy:20181104220055j:image

 

いやらしくもしっかり比較するために、ドラッグストアで購入、同じテーブルマークの焼肉ライスバーガー125g
f:id:hey1youngerboy:20181104220111j:image

 

炙り焼肉ライスバーガーの方の調理の様子です。

f:id:hey1youngerboy:20181104220101j:image

内袋に少し切り込みを入れて、500Wで2分20秒

 

 

完成!ベタに肉がはみ出してます笑
f:id:hey1youngerboy:20181104220211j:image

 

 

従来品と比較するとこんな感じ
f:id:hey1youngerboy:20181104220118j:image

 

分解して徹底比較
f:id:hey1youngerboy:20181104220017j:image

 

 

新規格というだけのボリュームはあります(´-ω-`)一安心

 

 

こちらも冷食だからこその具材感、お手軽感があります(๑′ᴗ‵๑)

 

 

値段は340円の半額だったので、税込で183円!

 

 

コンビニおにぎりのちょっとイイやつもそれくらいの値段するので、そう考えるとおトク感ありますね

 

 

タレがよく絡んだ焼肉と、外はカリッと中はもっちりライスバンズ。美味しかったです♪

 

 

(5)カップに入ったクリームシチュー

期待度★☆☆☆☆

 

お弁当用のカップ系商品ですね。

 

春に出た「カップに入ったプチカレー」(※過去記事参照)の第2弾といったところでしょうか

 

 

紹介文にもあるように、お弁当には入れづらいけど持っていきたい!というニーズに応える試みなんですね

 

 

用途は限定的ですが、ニチレイのお弁当商品にも見られたように、「大人向け」というのが最近のお弁当系商品のトレンドのようです

 

 

(6)ごろっと具材のスペイン風オムレツ

期待度★★★☆☆

 

冷凍オムレツ売上No.1の「ふっくらオムレツ」を持つテーブルマークが提案する新しいオムレツ(`•ω•´)

 

 

厚みのあるオムレツにベーコン、ポテト、ピーマンが入っており、味はシンプルなコンソメ

 

自分でケチャップをかけたり味付けに関してはアレンジの自由度が高いみたいです

 

 

そもそもスペイン風オムレツって…?と思い、調べてみると意外なことが分かりました

 

 

f:id:hey1youngerboy:20181104231134p:image

 

!!!!!!!!

 

 

トルティーヤって…オムレツのことだったんだ…

 

 

トルティーヤというと、私はトルティーヤ・チップスをイメージしてしまいますが、それも歴史的にはトルティーヤの失敗作を揚げてカリカリにしたのが始まりらしいです

 

 

トルティーヤは大きめのフライパン丸々使って具沢山に焼き上げる料理らしく、日本のオムレツともまた違いますよね

 

そんなトルティーヤを小さく可愛くお弁当サイズにした商品というわけですね

 

 

(7)スティックチキン 中華風甘辛たれ

期待度★★★☆☆

 

クワイのシャキシャキ食感が楽しいお弁当系チキン商品。

 

中華風甘辛タレというのが食欲をそそりそうですね。お弁当にあったらご飯が進みそうでイイかもですね♪

 

 

タレありきの商品であれば、こういう商品こそカップ系ではダメなんでしょうかね?

 

 

日本ハム冷凍食品の「豚肉野菜巻き」(※過去記事参照)なんかがまさにそれですよね(´・ω・`)?

 

 

 

…というわけで今回は以上です。

 

 

最後まで読んで下さりありがとうございました(๑′ᴗ‵๑)

更新【’18秋冬の新商品】マルハニチロ【実食も!!】

こんばんは。

 

 

メーカー各社の冷凍食品「2018年秋冬の新商品」の設計(味、値段、用途など)を勝手に予想&期待して発売に備えるシリーズ、、、

 

 

第2弾はマルハニチロです。

 

 

f:id:hey1youngerboy:20180909214805p:image

 

 

同社ホームページ(https://www.maruha-nichiro.co.jp/corporate/news_center/news_topics/20180703_maruhanichiro_new_products.pdf)のプレスリリースにある新商品一覧を参照します。

 


f:id:hey1youngerboy:20180909214759p:image

(1)王様のソテーピラフ

期待度★★★★★

 

「ついに出たか!」という大容量タイプのピラフです。

 

味の素冷凍食品のザ★チャーハンの登場をきっかけに大容量タイプの米飯は様々発売されてきましたが、どれも炒飯やガッツリ系の商品でした。

 

 

マルハニチロも2016年に「炒飯の極み」という600gのえび五目炒飯を発売しています。

 

 

この新商品はその名の通り王道のピラフで、海鮮の旨味とバターの香りが特徴とのことです。

 

 

500gなので、約3人前。家族で楽しめる本格ピラフの味に注目です♪

 

 

(2)〜(4)濃厚ソースを楽しむDELIグラタン

・チーズソース&ほうれん草ベーコン

・オマール海老ソース&小柱

ポルチーニソース&ソテーマッシュルーム

期待度★★☆☆☆

 

 

…今秋のマルハニチロは贅沢路線?(  ;・`Д・´)

 

 

なんと1食タイプのグラタンが3種類も!

 

 

海鮮、濃厚チーズ、きのこ…とグラタンで特に好まれる味を網羅しています。

 

 

パスタ(スピラーレ)も入っているとのことで、どれも満足度は高そうです。

 

 

「1人分」「ちょっと贅沢」というのは少人数世帯の増加に対応したものかもしれません。

 

 

(5)厚切りガブッと!白身魚フライ

期待度★★★★★

 

「肉ガブッと!」ブランドに次ぐ新ブランド「厚切りガブッと」は次に紹介する「あじ竜田」と合わせて魚系商品2つの登場。

 

 

よくよく考えれば、マルハニチロといえば「魚」ですから、最初にハムカツ&とんかつ、この春にハンバーグ……と得意どころを敢えて外したラインナップだったんですね。

 

 

冷食では馴染みの薄かった1個あたりが大きく、満足感の高い商品をまずはイメージしやすいとんかつやハンバーグで攻めて、「冷食=おかずにも使える」という土台を作ってからこの新商品に繋げる狙いがあったのかもしれません。

 

 

近所のスーパーで見かけたので、早速買ってみましたよ!(`•ω•´)

 

 

f:id:hey1youngerboy:20180909221600j:image

金色が映える、迫力あるパッケージ。

 


f:id:hey1youngerboy:20180909221547j:image

6個で234gということは1個39g。

 


f:id:hey1youngerboy:20180909221541j:image

決して名前負けしない、厚みとボリューム感です。

 


f:id:hey1youngerboy:20180909221551j:image

中濃ソースをかけて頂きました♪

 

 

栄養成分表示を見ると、

 

タンパク質4.7g←あれ?少ない…

脂質8.5g←ちょい多いかも…

炭水化物6.4g←揚げ物なのでまぁ妥当

 

ということで、筋肉増強に効果的な「スケソウダラたんぱく質」が美味しくとれるのは魅力的ですが、脂質と炭水化物のスコアには注意が必要です。

 

 

タレなどは何もかかってない素材系商品のため、かけるソース(中濃?タルタル?)で炭水化物の量が増える点にも気をつけて。

 


f:id:hey1youngerboy:20180909214821p:image

(6)厚切りガブッと!あじ竜田

期待度★★★★☆

 

定番おかずのあじ竜田。こちらはしょうがの香る和風甘辛たれがついています。

 

1個34gで、栄養成分表示を見ると

 

タンパク質4.3g

脂質5.1g

炭水化物6.1g

 

こちらの方が全体に占めるタンパク質の割合は高く、炭水化物は少ないです。

 

 

こっちはむしろタレ付きなのに…?ということで、ますます謎が深まる前出、白身魚フライ(´・∀・`;)

 

 

(9/10追記)

あじ竜田も食べてみました!

 

f:id:hey1youngerboy:20180910223555j:image

パッケージに記載のアレンジメニューは「あじ竜田おにぎり」。うーん、、おにぎり🍙の具に使うイメージは正直ありませんでしたね笑

 


f:id:hey1youngerboy:20180910223548j:image

白身魚フライより1個あたりが小さい(-5g)ため、同じトレーだと若干小ぶりに映ります。

 

和風タレがトレーの持ち手に付いているのは×……ですね。流石に付き過ぎです💧

 


f:id:hey1youngerboy:20180910223536j:image

お皿に移し替えれば、1つひとつがゴロっと立派なおかずに♪

 


f:id:hey1youngerboy:20180910223542j:image

あじの身がギュッと詰まってます。

 

 

食べてみた感想としては、和風甘辛だれの主張がそこまで強くないですね(´・ω・`)!

 

 

表現しづらいんですけど、高密度のあじの身を噛みしめる度、口内の水分を持ってかれると共に「あぁ〜 魚食べてるなぁー」という実感が湧きます笑

 

「厚切りガブッと!」を両方食べてみた結果、個人的には白身魚のフライの方が好き…ですかね(´・∀・`)

 

 

栄養成分表示が気になるものの、かけるソースを自分で変えられる汎用性の高さがイイですね(*´ω`*)

 

 

(7)白身魚のから揚げ

期待度★★★★☆

 

白身魚のフライ、タルタルソース入り」といえばマルハニチロニッスイも出しているメジャーなお弁当商品ですが、こちらは9種類のハーブ&スパイスが味の決め手。

 

 

今までのお弁当系魚フライになかった味わいを楽しめそうです♪

 

 

味がしっかりめなら、おつまみにもイケる…?

 

 

※9/30追記※

実際に食べてみました!

 

f:id:hey1youngerboy:20180930222641j:image

 

衣は薄めで、柔らかいタイプでした!
f:id:hey1youngerboy:20180930222634j:image

 

スパイスがしっかり効いていて美味しい♪

 

白身魚といえば?→タルタルソース!という常識を打破しうる新発見です(  ;・`Д・´)

 


f:id:hey1youngerboy:20180930222627j:image

 

今度はおつまみとして、また買いたい!と思いました(*´ω`*)

 

 

(8)クラムチャウダーコロッケ

期待度★★☆☆☆

 

「たっぷりの具材感が楽しめる」とのことですが、気になるのはやはり中具と衣のバランスですよね。

 

衣の主張が強過ぎると一転してガッカリ商品になりかねません。ベーコンや玉ねぎも使用したという中具の味わいに注目です。

 

 

(9)えび天ぷら

期待度★★★★☆

 

ありそうでなかった、お弁当系「えび天」商品。1個16gなので小ぶりですが、かつお風味の特製天つゆはご飯に合いそうです(´・∀・`)

 

パッケージにあるように、4個丸ごと使って「えび天丼」が本当に作れるのでしょうか?

 

「お弁当系」を脱して汎用性の高い商品になれるかどうか、試してみたいところですね笑

 

 

(10)Let's ベジランチ コーンほうれん草バーグ

期待度★★☆☆☆

 

お弁当系商品の新シリーズ、Let'sベジランチ。「野菜もお肉も摂れる」がコンセプトのようです。

 

お弁当に彩りを与えるのにも一役買ってくれそうですね。スーパースイートコーン使用で、食感も楽しめるのではないでしょうか。

 

 

f:id:hey1youngerboy:20180909214813p:image

(11)Let'sベジランチ ほうれん草とチーズのささみカツ

期待度 ー

 

新商品扱いですが、以前からある商品ですよね。Let'sベジランチという新シリーズから再出発です。

 

何度か食べたことがありますが、フライ系商品としては高いレベルで安定した美味しさを備えた商品だと思います。

 

 

現行商品は「野菜が摂れる」と謳えるかと言われると非常に微妙なところですが、新商品は果たしてどうなんでしょうか(  ;・`Д・´)?

 

 

(12)くまちゃん占い 5種野菜のチーズ焼き

期待度★★☆☆☆

 

くまちゃん占いの付いたお馴染みカップ系商品から「チーズ焼き」の新商品!

 

 

いつもグラタンじゃ飽きる…という方にはピッタリですね。にんじん、玉ねぎ、コーン、ほうれん草、じゃがいも(=5種野菜)に加え、ベーコンまで入っているので、色々な食感も楽しめそうです。

 

 

(13)酢豚

期待度★★☆☆☆

 

お弁当用カップ系の中華といえば日本ハム冷凍食品の「エビチリ」「麻婆茄子」などが有名ですが、それらと被らないメジャーどころ「酢豚」で攻めてきたのは流石マルハニチロですね笑

 

 

こちらのカップには占いではなく、「54種類のたべもの豆知識」が書かれています。

 

 

54種類って物凄く多いですよね……何パック買えばコンプリートできるんでしょうか?笑

 

 

(14)牛贅沢盛り!まぜそば

期待度★★★★☆

 

王様のソテーピラフ、DELIグラタン同様、贅沢路線を極めた麺類商品です。

 

 

麺と具を合わせて350g。麺が200〜250gと仮定しても、ボリューム感は充分ですね。

 

 

ラー油とコチュジャンで仕上げた旨辛味が食欲をかき立てます。ガッツリ食べたい人にはたまらない一品。

 

※9/30追記※

実際に食べてみました!

 

割引が入ったあとで、398円+税。1食分の冷食としては少し高めですが…

 

f:id:hey1youngerboy:20180930223041j:image

 

麺を深めの容器に入れ、その上にタレを袋ごと乗せて加熱するようです。
f:id:hey1youngerboy:20180930223103j:image

 

…ということは、パッケージにあるような調理例とするためには、器は2種類必要ということです(  ;・`Д・´)

f:id:hey1youngerboy:20180930223034j:image

 

やはりラーメンどんぶりでは雰囲気出ないので(笑)、平皿に移し替えてからタレを開けます
f:id:hey1youngerboy:20180930223047j:image

 

混ぜまくれーー!!!!!!
f:id:hey1youngerboy:20180930223028j:image

 

牛肉たっぷり。350gの内訳は、麺180g、具入りたれ170gでした。
f:id:hey1youngerboy:20180930223055j:image

 

旨ッ!……辛ッ!ヒー!って感じです笑

 

 

ジャージャー麺を辛くしたような味わいでした。具材の牛肉がしっかりしてるので、満足感は高いです。

 

 

同じ値段でコンビニで買う麺商品より、味も質も一段階上を行っている気はします

 

 

…が、コンビニ商品のみならず、冷食にもライバルは多いですからね〜(  ;・`Д・´)笑

 

 

冷食には200円切るような価格で、大盛のパスタや汁なし坦々麺がありますから、差別化されたパッケージがどこまでウケるのか、今後も注目しておきたいですね。

 

 

(15)うす焼きピッツァ ベーコン&グラタンソース

期待度★☆☆☆☆

 

グラタンソースに2種のチーズ(モッツァレラ、ゴーダ)、つるしベーコンをトッピングした濃厚な味わいのピッツァ。

 

 

ニチレイの新商品同様、オーブン調理限定というのが何とも残念です(´・ω・`)

 

 

本格的な味わいのピッツァ=オーブン調理に限る、というのが定番なのかもしれませんね…

 

 

今回は以上です!

 

 

最後まで読んで下さり、誠にありがとうございました(๑′ᴗ‵๑)

更新【’18秋冬の新商品】ニチレイフーズ

こんにちは!

 

 

メーカー各社の冷凍食品「2018年秋冬の新商品」の設計(味、値段、用途など)を勝手に予想&期待して発売に備えるシリーズ、、、

 

 

第一弾はニチレイフーズです。

 

 

f:id:hey1youngerboy:20180826073519p:image

 

 

忙しい日が続いていますので、春のときよりは簡略版になります。

 

 

ホームページ(https://www.nichireifoods.co.jp/news/2018/info_id6099/)より、新商品一覧を参照しながら進めます。

 

 

f:id:hey1youngerboy:20180826073549p:image

(1)炒めタッカルビ

期待度★★★★☆

 

昨年、良くも悪くも話題を集めた(?)女子大生社長・椎木里佳さんの主催する「JC・JK流行語大賞2017」で1位を獲得した『チーズタッカルビ

 

 

この商品はその〆として食べるご飯をイメージした商品です。

 

 

かなり濃いめの味付けなんじゃないかと思いますので、とろけるチーズのセルフ投入は必須かもしれません(´・∀・`)笑

 

 

本格炒め炒飯と同じ「3段階炒め製法」を採用している点も注目ですね♪

 

 

※9/30追記※

実際に食べてみました♪

 

f:id:hey1youngerboy:20180930215947j:image

 

まずは普通に加熱。
f:id:hey1youngerboy:20180930215934j:image

 

既に食べ頃の熱さなので、チーズの様子は注意深く見守りながら…


f:id:hey1youngerboy:20180930215941j:image

 

感想としては、〆ご飯のイメージらしく、しっとり感の強い炒飯で、キムチの風味が強めでした!

 

チーズを乗せて味を少しまろやかにする要素も加えてやることで、2種類の味が楽しめていいですね♪

 

 

 

(2)お弁当にGood®︎ アップルシナモンロール

期待度★☆☆☆☆

 

アップルパイ風のお弁当用商品。

 

 

今川焼やチーズワッフルが美味しいニチレイなので、スイーツとして考えれば意外とイケるかも?

 

 

お弁当だけにこだわらず、小さなお子様のおやつに常備するのもアリ?

 


f:id:hey1youngerboy:20180826073544p:image

(3)お弁当にGood!®︎ ミニカレーパン

期待度★★★☆☆

 

ありそうでなかった、お弁当用のパン。

 

 

パッケージの写真はピクニックという感じですが、白米をあまり食べない方には新たな選択肢になりますね!

 

 

カレーパンの喫食頻度って他のパン(たまご、ウインナーロールやあんパン、ハムチーズなどなど)に比べてそんなに高くないんじゃ…?なぜ第一弾でカレーパン?…というのは少し気になります笑

 

 

※9/30追記※

実際に食べてみました!

 

f:id:hey1youngerboy:20180930220937j:image

 

ちゃんと細長い形をしています。
f:id:hey1youngerboy:20180930221108j:image

 

周りの生地は思っていた以上にモチモチしていました!食べ応え◎です。

 

 

中身のカレーもとろーり。コーンも入っていて美味しいです。

 

 

最後にオマケ。
f:id:hey1youngerboy:20180930220925j:image

 

発酵生地不使用!

……パンではありませんでした!笑

 

 

「カレーパンによく似た何か」ですが、再現度はかなり高いです。

 

 

(4)卵黄風ソースが入った鶏つくね

期待度★★★★☆

 

甘辛たれと、しその風味が効いた鶏つくねに卵黄風ソースがin。

 

 

1個30gなのでボリューム感もそこそこ。

 

パッケージに「大人満足 お弁当にGood!®︎」が付いていないので、ちょっと小腹がすいたときや、おかず(副菜)、おつまみとして食べるのが良いのかもしれません。

 

 

※9/30追記※

実際に食べてみました!

 

f:id:hey1youngerboy:20180930221445j:image

 

今までありそうでなかった、ゴロンと大きなおかず系のつくねでした(´・∀・`)

 

 

卵黄“風”ソースなので、食感や風味が変わるのは面白いのですが、本当に卵黄が入っているものとの違いはどうしても感じてしまいますね。

 

 

なんかよく分からないけどトロッとしたものが入っている…という感じで、無くてもいい(肉感重視でもいい)かな…というのが正直なところ。

 


f:id:hey1youngerboy:20180826073540p:image

(5)パクチキ チーズ

期待度★☆☆☆☆

 

春の新商品「パクチキ」第3のフレーバー。

 

春の発売時に期待して購入してみたものの、チキンが「量目重視」(というか全振り?)という感じがして、以降リピートすることはありませんでした…。

 

 

ファミマをはじめとしたコンビニ惣菜も充実している昨今、単なるフレーバー違いだけでは…と厳しい見方になってしまいます(´+ω+`)

 

 

(6)野菜を食べるピッツァ

期待度★★☆☆☆

 

彩り豊かな4種の野菜(なす、ブロッコリー、パプリカ、トマト)にジェノベーゼソースが香るピッツァ。

 

ピッツァに欠かせないチーズも3種類使用のこだわりが。

 

プレスリリースにはあるものの、ニチレイフーズの商品紹介ページに何故かこの商品だけ記載がなく、本当に発売するの??という不安も笑

 

 

個人的にはオーブン調理専用というのが気になりました。先日の記事でも紹介したローソンのピッツァや明治のロカボピッツァの、「特殊発熱シートでレンジ調理可能」というのはやはり魅力的でしたね(´・ω・`)

 

 

(7)今川焼  濃厚チョコレート

期待度★★★☆☆

 

昨年発売して大きな話題を呼んだ「チョコレートクリーム」の進化版…?一応、商品名が変わって新商品扱いのようです。

 

 

「ほろ苦いビターな大人向けの味わい」ということなので、トレーニング終わりのご褒美に、プロテインと一緒に食べたいです♪

 

 

炭水化物21.0gなので間食でも1個だけなら罪悪感少なめです笑

 

 

※9/30追記※

実際に食べてみました!

 

リッチ感漂うパッケージ。値段は本体価格520円の半額で、260円+税でした。

f:id:hey1youngerboy:20180930221841j:image

 

1個だけなら、電子レンジで40〜50秒加熱するだけ♪
f:id:hey1youngerboy:20180930221847j:image

 

とろけるチョコクリームはパッケージ記載の通り、ビターで大人の味わい。
f:id:hey1youngerboy:20180930221835j:image

 

今川焼クリームチーズのときも思ったのですが、外側表面は熱くないのに、中のクリームはめちゃくちゃ熱くなっていることがある(危うく舌をヤケドしてしまいそうに…)のには要注意ですね(´+ω+`)

 

 

というわけで、ニチレイフーズの’18秋冬新商品は以上7品でした!

 

 

実は既にお店で見かけた商品もありますので、また「実際に食べてみた」で紹介しますね。

 

 

最後まで読んで下さり、ありがとうございました(๑′ᴗ‵๑)

衝撃の出会い(冷食小ネタ①)

 

こんにちは。

 

 

今回は冷食に関する小ネタを紹介します。

 

 

それはこちら、ニチレイの商品に関するものです!

 

 

f:id:hey1youngerboy:20180924115202p:image

 

ニチレイといえば本格炒め炒飯やえびピラフなど、ご飯ものの商品に強いことで有名です。

 

 

その一方で、

 

たいやき 5個入(400g)

f:id:hey1youngerboy:20180924115612j:image

 

今川焼 5個入

✔︎あずきあん(400g)

f:id:hey1youngerboy:20180924115643j:image

✔︎カスタードクリーム(325g)

f:id:hey1youngerboy:20180924115647j:image

✔︎濃厚チョコレート(315g) New!!

f:id:hey1youngerboy:20180924115806j:image

 

チーズワッフル 4個入(140g)

f:id:hey1youngerboy:20180924120409j:image

 

……など、おやつ系の商品に関してもバリエーション豊富な品揃えとなっています。

 

 

そのうち、私がお店で一番よく見かけるのは、なんと言っても

 

今川焼 あずきあん」

 

なのですが……

 

 

その「今川焼」が………

 

 

 

 


f:id:hey1youngerboy:20180924115225j:image

 

!?

 

 

 

 



f:id:hey1youngerboy:20180924115206j:image

 

!!!!!???

 

 

……「回転焼」だ(  ;・`Д・´)

 

 

これは、先日実家に帰ったときに近所のドラッグストアで見つけて思わず購入したものです。

 

 

そもそも「今川焼」を辞書で引くと、

 

“水で溶いた小麦粉を銅板の焼き型に流し込み,餡(あん)を入れて焼いた菓子。江戸時代に江戸神田今川橋付近の店で売り出したという。大判焼き。太鼓焼き。どんどん焼き。”

(三省堂 大辞林より)

 

 

…とあるように、「今川焼」という一つの呼称に統一された食べ物ではなく、様々な呼び方があることが分かります。

 

 

大辞林に記載があるこれらの呼称以外にも、

 

今回の商品名になっている「回転焼

 

「二重焼き」、「おやき」、「太鼓饅頭」、「円盤焼き」、etc…

 

 

などなど、1つの地域によっても複数の呼称があるため、枚挙に暇がありません。

 

 

中でも「回転焼」は、北海道から九州まで様々な地域で使われてはいるのですが、特に九州では7県全てに浸透しているメジャーな呼び方のようです。

 

 

では何故、私が購入した「今川焼」は数ある呼称の中でも「回転焼」だったのか…?

 

 

それは、購入したドラッグストアを調べると納得がいきました( ー̀ωー́ )

 

 

そのドラッグストアとは、、、

 

 

コスモス薬品

f:id:hey1youngerboy:20180925075743j:image

(コスモス薬品HPより)

 

 

宮崎県延岡市の1軒の薬局から始まった企業で、2004年に山口県に出店するまでは九州地方限定で多店舗出店を行なっていたようです。

 

 

2018年8月末現在でも、全925店舗のうち半数以上の533店舗が九州にあります。

 

 

その他、四国・中国・関西・中部(+福井)へも出店していますね。

 

 

東日本はまだこれから(?)のようです。

 

 

つまり、この商品は九州に本拠とするコスモス薬品専用のPB(プライベートブランド)商品なので、本来の「今川焼」という名前ではなく、九州により馴染みのある「回転焼」という名前で販売されている…ということですね!

 

 

同じ商品でも、売れる仕組みづくりとしては、このような一工夫も大事なのかもしれませんね(´・∀・`)

 

 

今回は以上です。

 

 

冷凍食品メーカー各社の秋の新商品紹介&実食記事も引き続きアップしていきます(食べ終わった商品は沢山あるのですが記事に出来ていない…)。

 

 

また、既に記事にしたマルハニチロニチレイについても、新たに発見・購入し、食べてみた商品に関しては追記していきます!

 

そちらも是非もう一度チェックしてみてください♪

 

 

最後まで読んで下さり、ありがとうございました(๑′ᴗ‵๑)