ロカボと筋トレと冷食と。

冷食大好きサラリーマンによるロカボダイエットを通じて、正しい糖質制限(ロカボ食)と冷食の魅力を伝えていきます♪

くら寿司の糖質制限メニュー( ;・`Д・´)

※今回は記事の予定を変更してお送りします笑

 

くら寿司が8/31に糖質制限をコンセプトに据えた新メニューを発売するということで大々的に記者会見まで開いたとか(  ;・`Д・´)

 

くら寿司  初の糖質オフ寿司

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6252256

 

 

業界では初の試みということで、具体的にはシャリ(酢飯)の代わりに酢漬けの大根を使ったメニューや、変化球系メニューの「魚介とんこつラーメン」での“麺抜き”(※麺の代わりにもやしやキャベツなどの野菜が沢山入っている)商品、シャリを半分の量に減らしたお寿司などを提供するそうです。

 

 

少し前にコンビニやスーパーで「サーモンづくし」という色々なサーモンのお寿司をセットにした商品が流行りましたが、当時厳しめの糖質制限真っ最中だった私はそれらに魅力を感じつつも手を出せなかった苦い思い出があります…笑

 

 

ちなみに、くら寿司の社長は会見で、「全体の1割に満たない程度だが、お寿司のシャリを残すお客さんもいらっしゃる」ということで、今回の“シャリ半分”お寿司を開発したと説明しています(´・∀・`)

 

 

「残すくらいなら最初から少なめ。」

 

いい考えですよね♪

 

残す方も、残される方も罪悪感/イヤな気持ちは避けられなかったところに、いい改善提案だと思います。

 

 

ただ、個人的に一番気になっているのは魚介とんこつラーメンの“麺なし”(ノ∀`)笑

 

 

というのも、これと似たようなメニューを以前、舎鈴というつけ麺屋さんが一部店舗限定で出していて……

 

 

ネットではつけ麺ならぬ“つけ肉”という名前で話題になっていましたが……これを東京にいるうちに食べに行けなかったことは今でもちょっと残念に思っています( ;∀;)笑

 

 

御察しの通り、“つけ肉”は糖質制限をコンセプトに開発されたメニューで、90円払うことで麺を大量の豚肉スライスに変更でき、これを魚介とんこつのつけ汁に浸して食べるというものです。

 

今回のくら寿司のそれは、肉を食べるというものではなく、あくまでラーメンの器に麺の代わりに野菜が入っているというものなので、厳密にはコンセプトが違うんですが……お腹を満たしてくれる汁物として考えて、今回発表された他の糖質オフメニューと組み合わせて食べるなど工夫すれば、満足感と安心感を同時に得らことが出来そうです。

 

 

一つの記事からワクワクと期待を込めて色々と書いてしまいましたが…

 

最後に元も子もないことを書くと、くら寿司が自宅から一番近い店舗でも6km離れてるという…(|||O⌓O;)

 

 

いっそ6km歩いて行ってみるのも、ダイエットの一環としてアリ…かもしれませんね( ;∀;)笑

 

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました♪

 

また次回の記事でお会いしましょう(`・ω・´)ノ