ロカボと筋トレと冷食と。

冷食大好きサラリーマンによるロカボダイエットを通じて、正しい糖質制限(ロカボ食)と冷食の魅力を伝えていきます♪

【冷凍食品】4社7品!!メンチカツ食べ比べ

|ω・`;) 久しぶりの更新です。

 

 

予告通り、今日の記事は「冷凍食品メーカー4社のメンチカツ計7品の食べ比べ」です(´・∀・`)!!!

 

 

※追加で1品増えました(*´ω`*)

 

 

揚げ物のためロカボには決して向いているとは言えない商品ですが……いろんなスーパーよ売り場を見て歩くと、自分の認識以上に沢山の種類の冷凍メンチカツが出てたんです(  ;・`Д・´)

 

 

これはもう、(ある意味)体を張って検証するしかない!!と(ノ∀`)笑

 

 

 それでは早速1品目♪

 

 

 ニチレイ①「お肉たっぷりジューシーメンチカツ」

 

f:id:hey1youngerboy:20170919231859j:image

(ニチレイ公式HPより引用)

 

しっかりと塩練りしたお肉の旨味がジュワッと溢れ出るメンチカツです。ニチレイではこのあと紹介する1品と共に、お弁当品ではなく食卓品(夕食の主菜としても出せる)としてカテゴライズされています。

 

 

実際にレンジ調理するとこんな感じ。

 

f:id:hey1youngerboy:20170919232200j:image

 

 

見た目からは分かりづらいですが、実食したところ、確かに肉汁はジュワッと溢れ出ます(  ;・`Д・´)!

 

 

というか、商品設計にどんな仕掛けが施されてるのかは分かりませんが、溢れ出る肉汁感は7品でトップな気がします。

 

 

ミンチ肉の肉質は細かく、優しい食感でした♪

 

 

2品目にいく前に、ここからの4品は調理後の比較画像があるので、先に示したいと思います。

 

 

f:id:hey1youngerboy:20170919234731j:image

 

左から順に、

 

マルハニチロ「国産豚のキャベツメンチ生姜焼きだれ」

味の素冷凍食品(以下、味冷)「『ごろんと肉厚』メンチカツ」

ニチレイ「匠御菜®︎特製メンチカツ。」

味冷「ジューシーメンチ」

 

です。

 

ソースが かかっている/いない という明らかな違いは勿論、衣の厚みや揚げ色などの違いもお分かり頂けるかと思います。

 

 

 

それでは、2品目(`・ω・´)ノ

 

ニチレイ②「匠御菜(たくみおかず)®︎特製メンチカツ。」

 

f:id:hey1youngerboy:20170919232845j:image

(ニチレイ公式HPより引用)

 

2品目もニチレイです。こちらは食卓品の中でもよりリッチに、「ちょうどいい贅沢」をコンセプトにした「匠御菜(たくみおかず)®︎」シリーズの一員(´・ω・`)

 

 

九州産黒豚を使用し、(フォンドヴォーと赤ワインを効かせた)特製デミグラスソースで仕上げたという説明もちゃんとパッケージに書かれています。

 

 

パッケージには若干、「ザ・チャーハン」を意識したのかな?という感じを受けなくもないですが(ノ∀`)笑

 

 

さて、調理後は

 

f:id:hey1youngerboy:20170919234640j:image

 

こんな感じです。

 

お肉はきめ細かいものと、少し粗いものが混ざっていました。

 

 

さすが贅沢を謳う商品なだけあって、美味しいです♪

 

 

こだわりのソースもかかっていて、これ1品で何も手を加える必要なく完成しているというのも良いですね(๑˃̵ᴗ˂̵)

 

 

マルハニチロ①「国産豚のキャベツメンチ生姜焼きだれ」

 

f:id:hey1youngerboy:20170920004532j:image

(マルハニチロ公式HPより引用)

 

マルハニチロのメンチカツ1品目はキャベツ推しに生姜焼きだれ仕立てということで、名前からはかなり個性的なキャラをうかがえます。

 

f:id:hey1youngerboy:20170920004749j:image

 

パッケージにも小さく書かれていますが、更になんとマヨネーズ入り!

 

マルハニチロといえばお弁当商品には何かにつけてマヨネーズが入っている印象です(実際に「牛カルビマヨネーズ」なんかはおつまみとしても優秀なくらいとても美味しいので、悪い意味ではありません笑)が、この商品も例に漏れず、といったところでしょうか(ノ∀`)

 

 

そもそも何もつけなくてもいけちゃうメンチカツという素材にマヨソースと生姜焼きだれを合わせるという欲張りな感じ、たまりませんね笑

 

 

ただ、実際に食べてみると、少し期待はずれ……(´・ω・`;)

 

商品設計上、仕方のないことですが、マヨソースを入れてあるぶん、どうしてもお肉の量が少なくなります。

 

 

そして何より、マヨソースの主張が強いため、生姜焼きだれの風味やキャベツの食感はあまり感じられませんでした。

 

 

おつまみや、お弁当の変化球的おかずとしての役割が向いてるのかもしれませんね♪

 

 

 

 

マルハニチロ②「カマンベール入りチーズメンチ8コ」

 

f:id:hey1youngerboy:20170920074628j:image

(マルハニチロ公式HPより引用)

 

マルハニチロ2品目もあけぼのブランド(旧ニチロが開発)から。

 

 

カマンベールを含むチーズを入れた小ぶりなメンチカツ8コ入りの商品です。

 

こちらはお皿に乗せず、トレーのままですみません…調理前(左)と調理後(右)を比較しています。

 

f:id:hey1youngerboy:20170920070720j:image

 

 

…チーズ噴き出してもた(ノ∀`)(ノ∀`)(ノ∀`)笑

 

しかしながら、食べてみて決して加熱し過ぎというわけでもなかったので、チーズが噴き出さないようなあんばいで加熱するのは中々の腕が要求されそうです(  ;・`Д・´)

 

 

味の方は、カマンベール入りチーズが美味い✨

 

 

ミンチ肉も、濃厚な味のチーズに消されることなく、しっかりとした味わいでした。

 

 

衣の質はあまり良くありませんでした…やはりレンジアップが上手くいかなかったのかも?( ;∀;)

 

 

味冷①「ジューシーメンチ」

 

f:id:hey1youngerboy:20170920072009j:image

(味の素冷凍食品公式HPより引用)

 

 

冷めても衣がサクッとしているという、お弁当向けの商品です。 

 

 

この後紹介する「ごろんと肉厚」メンチカツ同様、7品の中で味冷だけが“自然解凍調理”可能なんですね♪

 

 

味冷の1品目、牛と豚の合挽き肉を使用したという点も、他の商品とは一線を画す商品です。

 

 

f:id:hey1youngerboy:20170920072456j:image

 

断面図からも分かるように、豚ひき肉が大きめで、肉系の商品を食べてるなぁ〜…という感じがめちゃくちゃしました(๑′ᴗ‵๑)

 

 

 

味冷②「『ごろんと肉厚』メンチカツ」

 

f:id:hey1youngerboy:20170920073706j:image

(味冷公式HPより引用)

 

 

この秋(9/1〜)から新発売の、「ごろんと肉厚」シリーズ第2弾!

 

 

第1弾の「ごろんと肉厚」ハンバーグ同様、やはり最大の特徴はその厚みΣ(゚Д゚ノ)ノ

 

 

パッケージ側面で原寸大の厚みを写真付きで表示するくらい自信もたっぷりです。

 

 f:id:hey1youngerboy:20170920074017j:image

 

調理後の画像も、「暴君」という表現でも差し支えない(?)ような、圧倒的な存在感。衣が立ち、黒胡椒が点在するお肉の部分は肉汁で光っています(*´﹃`*)

 

 

食べてみると……

 

 

嗚呼、美味…………( ;∀;)

 

 

見た目からの期待を裏切らないジューシーさと衣のサクサクさ、そして黒胡椒が引き立てる旨味。

 

 

感動する味わいでした♪ 

 

 

 

日清食品冷凍日清焼そばU.F.O.ソースキャベツメンチカツ

 

 f:id:hey1youngerboy:20170920074817p:image

 

ラストを飾るのは、日清食品の冷凍食品部門から。

 

 

カップヌードルどん兵衛だけでなく、日清焼そばU.F.Oでもお馴染みな同社が、ブランドの強みを最大限に活かしたといえる商品の1つです。

 

 

f:id:hey1youngerboy:20170920075145j:image

 

商品説明どおり、中具には商品最大の特徴であるキャベツの他に、焼そばを意識して配合されたあおさや紅生姜も確認できます。

 

 

肝心の味は……

 

 

日清焼そばU.F.O.そのもの‼︎‼︎Σ(O_O;)

 

 

口に入れる前から漂う香りがまんまU.F.O.のソースで、口に入れた後、その香りは更に強まり口中を支配します笑

 

 

U.F.O.焼そばの再現度は想像以上に高いのですが、最初から最後までソースの主張が強いため、味の好みは分かれると思います。

 

 

キャベツの食感はマルハニチロのキャベツメンチカツより強いです。

 

 

メンチカツというよりはU.F.O.焼そばに遊び心を加えた畜肉コラボ商品という感じ♪

 

 

 

ーー最後に、ロカボ食としての観点を踏まえ、1個あたりの糖質量と、総合評価をまとめます。

 

 

ニチレイ「お肉たっぷりジューシーメンチカツ」

★★★☆☆

 

最大の特徴は肉汁ですね♪

糖質は4.1g/個       ※1個21g

 

 

ニチレイ「匠御菜®︎特製メンチカツ。」

★★★★☆

 

何も手を加えずに主菜になれる完成度。

糖質は6.3g/個       ※1個35g

 

 

マルハニチロ「国産豚のキャベツメンチ生姜焼きだれ」

★★☆☆☆

 

キャベツ、マヨソース、生姜焼きだれと特徴が多く、かえって味の焦点がボケてしまっているように感じたのは残念ですが、安心の国産豚使用は「匠御菜®︎特製メンチカツ。」同様の強みです。

糖質は5.7g/個       ※1個24g

 

 

マルハニチロ「カマンベール入りチーズメンチ8コ」

★★☆☆☆

 

チーズは美味い!衣の質に多少の課題アリ、という気がします。

糖質は4.0g/個       ※1個17g

 

 

味冷「ジューシーメンチ」

★★★☆☆

 

お弁当商品の位置付けながら、牛&豚の合挽き肉で食感に強み。

糖質は4.0g/個       ※1個24g

 

 

味冷「『ごろんと肉厚』メンチカツ」

★★★★★

 

新商品、ぶっち切りで唯一の満点。衣が立ち、黒胡椒香るお肉はお店で食べるメンチカツにも引けを取りませんでした♪

糖質は6.7g/個       ※1個38g

 

 

日清食品冷凍日清焼そばU.F.O.ソースキャベツメンチカツ」

★☆☆☆☆

 

日清焼そばU.F.O.の味がする!スゴい!面白い!」という話題性勝負の商品。良くも悪くもブランド力にメンチカツ本体が翻弄されています。

糖質は6.3g/個       ※1個24g

 

 

グラム当たりでロカボ食に向き(=糖質[w/g]が少ない)商品の第2位に「『ごろんと肉厚』メンチカツ」が来るという意外な結果。。。

 

 

堂々の1位は0.1ポイントの僅差で味冷「ジューシーメンチ」、3位ニチレイ「匠御菜®︎特製メンチカツ。」、4位ニチレイ「お肉たっぷりジューシーメンチカツ」でした。

 

 

逆に最も糖質コスパが良くないのは「日清焼そばU.F.O.ソースキャベツメンチカツ」でした…これも★×1にした理由の一つです。

 

 

「豪快さ」「贅沢さ」を前面に出した2商品が上位を争ってロカボ向きであるというのは、本当にビックリですね(|||O⌓O;)

 


食べ比べしたからこそ知ることができた、思わぬ収穫です♪

 

 

いかがでしたか?気になった商品はぜひ試してみてください♪

 

 

7商品ということで今回も長くなりましたが、最後までお読み頂き、ありがとうございました(*´ω`*)