ロカボと筋トレと冷食と。

冷食大好きサラリーマンによるロカボダイエットを通じて、正しい糖質制限(ロカボ食)と冷食の魅力を伝えていきます♪

【冷凍食品】3社激突!!ささみ梅しそフライ食べ比べ

こんばんは(´・∀・`)♪

 

 

休みの今日は「ささみのフライ」アレンジ系商品の中でも人気の(?)、梅しそカツを食べ比べしました!

 

 

あんまりレストランや居酒屋でイメージのないメニューですが、3社から出てるってことはそれなりに消費者に支持されてるってことですよね(ノ∀`)

 

 

自分もその1人ということで(´・∀・`)

 

 

梅干しは嫌いですが、梅しそソース入りささみのフライは何故か大好きです!笑

 

 

前置きはこの辺にして、1品目!

 

 

テーブルマーク「若鶏ささみの梅しそ竜田揚げ」

f:id:hey1youngerboy:20171021225306j:image

(テーブルマークHPより引用)

 

若鶏のささみに梅肉ソースを入れて、さらにしそを載せて竜田揚げに仕上げてある商品です。

 

f:id:hey1youngerboy:20171021231548j:image

 

梅肉ソースだけでなく、しそを合わせてあるので、淡白な味わいの若鶏ささみに対して強いアクセントが効いています。

 

良い意味でささみの「パサパサ感」もあって本格的な味わいでした!

 

 

ただ、パッケージの梅しそソースは少し誇張されてるような気も……笑

 

 

日本ハム冷凍食品「ささみ梅しそカツ」

f:id:hey1youngerboy:20171021230259j:image

(日本ハム冷凍食品HPより引用)

 

2品目は梅しそソースを鶏ささみで巻いた“カツ”です。

 

HPの商品紹介にも、パッケージ裏面にもハッキリと書かれている通り、鶏ささみなんですが成型肉なので食感はとても柔らかい!

 

f:id:hey1youngerboy:20171021230934j:image

 

国産若鶏の“むね肉”を使ったテーブルマークの「塩から揚げ」同様、本来のイメージからすると虚をつかれたような感じですが、これはこれで美味しい♪


パッケージは断面が斜めになるように切っているとはいえ、こちらもパッケージほど梅しそソースは入っていないような、、、

 

 

まぁ、どちらも実際の商品の味で、良いバランスがとれていると思うので気にしないことにしますか(ノ∀`)笑

 

 

③味の素冷凍食品「紀州梅の梅ささみ」

f:id:hey1youngerboy:20171021232400j:image

(味の素冷凍食品HPより引用)

 

最後は味の素冷凍食品から! 特徴は高温の蒸気で焼くだけで仕上げる“ノンフライ製法”で、カロリー30%OFF、脂質15%OFFというヘルシーさ(  ;・`Д・´)

 

 

さらに、テーブルマーク、日ハムと違い、国産鶏に国産“紀州梅”を使っているとのこと。

 

 

f:id:hey1youngerboy:20171021232937j:image

 

ビックリしたのは、私の写真では分かりづらくなってしまい申し訳ないですが、この商品が最もパッケージとの比較再現度が高かったことです笑

 

 

うまく撮ればそれだけでインスタ映えしそうな、綺麗な鶏肉に梅干ペーストでした笑

 

 

肝心の味の方も、鶏肉の絶妙な柔らかさ加減と梅の酸味があって美味しかったです。

 

注文を付けるなら、ヘルシー志向のあまり、フライとしての味わいに欠けていたような気はします(自然と中身の鶏肉、梅干ペーストに意識が全部持ってかれるような…)。

 

 

ーーまとめ。

 

 

最後に炭水化物の含有量もチェックして、商品の総合評価を付けます(`・ω・´)ノ

 

 

テーブルマーク「若鶏ささみの梅しそ竜田揚げ」

★★★★☆

 

商品名と実際の味のイメージのズレが最も少なかった印象です。若鶏ささみのパサパサ感、梅しその味、竜田揚げの食感全てが高いレベルで◎

 

炭水化物は2.4g/個  ※1個17g

 

 

日本ハム冷凍食品「ささみ梅しそカツ」

★★★☆☆

 

こちらも美味しかった…!美味しかったんですが、成型肉の柔らかさが個人的には裏目に出たというところでしょうか。

 

 

いっそ“鶏ささみ”を冠することなく、“梅しそ入りやわらかチキン”的な名前の方が違和感なく味を楽しめるのでは…とも。

 

炭水化物は3.5g/個  ※1個20g

 

 

③味の素冷凍食品「紀州梅の梅ささみ」

★★★★☆

 

まず見た目に美しいのは、食欲もそそりますし、トレンドに合っていると思いました。脂質をカットできているので調理後に商品がくたびれた感じがないんですね。

 

炭水化物は4.2g/個  ※1個21g

 

ありゃ意外と高い…(  ;・`Д・´) フライ感をもう少し出しつつ、炭水化物はこれ以上多くならないよう健康路線を維持できたら言うことなしですね。

 

 

味の素の「紀州梅の梅ささみ」は5個入りなので、パッケージ全体では日ハム冷凍食品「ささみ梅しそカツ」と炭水化物の量は等しくなります。

 

 

それら2品を抑えて、圧倒的にロカボに向いていたのは意外にもテーブルマーク「若鶏ささみの梅しそ竜田揚げ」Σ(゚Д゚ノ)ノ

 

 

1パッケージで15gを切る炭水化物量で、おやつやおつまみにも最適です♪

 

 

今回はここまで!3商品で気になった商品は実際に食べてみてください(*´ω`*)

 

 

どれも目立った長所を持っていて、必ずや良い出会いになると思いますよ♪

 

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました(๑′ᴗ‵๑)