ロカボと筋トレと冷食と。

冷食大好きサラリーマンによるロカボダイエットを通じて、正しい糖質制限(ロカボ食)と冷食の魅力を伝えていきます♪

【冷凍食品】オマケの食べ比べ

こんにちは!

 

 

前回記事の「ささみフライ食べ比べ」の後日談的なオマケ記事をササっと更新します(ノ∀`)

 

 

前回は「ささみ+梅しそ」を共通項に持つ3商品の食べ比べでした(´・∀・`)

 

 

10/18(冷凍食品の日)には、偶然、ニチレイの「ささみチーズフライ」を食べていました

 

 

そんな流れに続くかのように、今回食べた「ささみ(チキン)+???」2商品を紹介します(`・ω・´)ノ

 

 

 

日本ハム冷凍食品「ささみマヨカツ」

f:id:hey1youngerboy:20171024074235j:image

(日ハム冷凍食品HPより引用)

 

 

前回記事の「ささみ梅しそカツ」の姉妹品ですね(´・∀・`)

 

 

鶏ささみで粒マスタード入りマヨソースを巻いたとのこと(  ;・`Д・´)

 

 

調理例です。

f:id:hey1youngerboy:20171024074531j:image

 

今回は包丁を入れた瞬間、「あ 成型肉だ」と分かりました(ノ∀`)

 

 

同社商品「ささみ梅しそカツ」同様、成型肉の強みとして、ささみ肉とは思えない柔らかさがあり、中身の“粒マスタード入りマヨソース”もしっかり感じられます。

 

 

ニッスイ「おうちおつまみ マスタードソース入りチキンナゲット」

f:id:hey1youngerboy:20171024074946j:image

(ニッスイHPより引用)

 

 

チキンとマスタードをブラックペッパー入りの衣で包んで揚げた商品です。

 

9月発売の新商品とのこと。

 

調理例

f:id:hey1youngerboy:20171024075139j:image

 

黒胡椒の風味も、マスタードの大人な辛さも味わえました(´・ω・`) 

 

 

が……

 

マスタードって、温かいの状態で口に入れることってあんま無いような…(´+ω+`)

 

 

自分はチキンナゲットというとマクドナルドをイメージしますが、あれも付属しているバーベキューとソースとマスタード味のソース自体は冷たい…ですよね

 

 

温かいマスタードになんとも言えない違和感があり、そこばかり気になってしまいました(´+ω+`)

 

 

1品目の日ハム冷凍食品「ささみマヨカツ」は、マヨソースがメインでそこにアクセントとしての“粒マスタード”が効いていたので、気になりませんでした

 

 

温かいマヨネーズなら、馴染みがあります

 

 

ーーまとめ!

 

①日ハム冷凍食品「ささみマヨカツ」

★★★☆☆

 

マスタード入りマヨネーズとカツの相性は◯

 

ただ、「ささみ梅しそカツ」同様、成型肉ならではの“抜群の柔らかさ”が逆にささみ肉のイメージに反してしまうという裏目の結果に…。

 

炭水化物は3.4g/個(※1個標準20g)なので、おかず、おつまみに1パック食べてもロカボです♪

 

 

ニッスイ「おうちおつまみ マスタードソース入りチキンナゲット」

★☆☆☆☆

 

相対的に、厳しい評価にせざるを得ませんでした…(´+ω+`)

 

 

チキンナゲットとマスタードを一緒にして、「ワンハンドで食べやすい」を売りにしていますが、前述の通り、温かいマスタードは違和感が強いです。

 

 

8月末の、日経プレスリリースや冷食ジャーナリスト山本純子さんによる新商品紹介で目にしたときから凄く期待していた商品の一つなので、そのぶん期待ハズレ感が強まりました。

 

 

炭水化物は5.1g/個(※1個20g)とやや高めですが、5個入りなので1パック食べ切りでもロカボ食として合格ラインです。

 

 

 

オマケは以上です。最後まで読んでくださりありがとうございました♪