ロカボと筋トレと冷食と。

冷食大好きサラリーマンによるロカボダイエットを通じて、正しい糖質制限(ロカボ食)と冷食の魅力を伝えていきます♪

一風堂スタンド

こんばんは。

 

 

本日、まさかの2記事目(ノ∀`)

 

 

実は今日、出張で東京に来ていて、先ほど五反田のビジネスホテルにチェックインしました。

 

 

前職時代を過ごした東京ですが、お腹が空いていることもあって、ラーメン屋ばかりが目に飛び込んできます笑

 

 

当然、この時間に食べるわけにはいかないのでガマンです(ノ∀`)笑

 

 

それにしても、本当にラーメン屋が多いですね…。駅からホテルまでの500m弱で5店舗を見かけました。九州とんこつ、醤油、支那そばetc…ジャンルも各店で違います。

 

 

そんな中、最も気になったのが…

 

JR五反田駅のホームから改札にエスカレーターで降りるときに見える看板にあった……

 

 

\\一風堂スタンド////

 

 

f:id:hey1youngerboy:20171115231219j:image

 (一風堂HPより引用)

 

 

私は今日初めてその存在を知ったのですが、「一風堂スタンド」は一風堂の新ブランドで、関東では浜松町と西五反田にあるそうです。

 

 

 

コンセプトは、なんと“立ち呑み”(  ;・`Д・´)

 

 

“美味しい日本酒と締めのラーメン。ちょっとつまんで気軽に呑んで、ラーメンで締めくくるスタイルを提案。「立ち呑み」できる一風堂です。”

(一風堂HP『BLAND LIST』の説明文より)

 

 

 

一風堂はどちらかというとラーメン屋さんの中では一際オシャレというイメージを持っていたので、「おおおおおお、そう来たか!」という感じです。

 

 

もし私同様、一風堂にオシャレなイメージを持っていたら、“立ち呑み”とだけ聞くと、第一印象では『それは一風堂じゃない…』『企業としてのコンセプトが流石にブレてる…』と思ってしまいかねないでしょう。

 

 

しかし実際にラーメンと組み合わせているのは“美味しい日本酒”という、これがまた何とも絶妙に巧いですよね〜〜…(´・∀・`)

 

 

 

従来の一風堂のオシャレさ(個人の所感)を損なわずして、一風堂の新しい一面を提供する。

 

 

以前、「ヒルナンデス」で一風堂のこれまた別ブランド「1/2PPUDO(二分の一風堂)」を紹介していました。

 

 

f:id:hey1youngerboy:20171115232651j:image

 

 

こちらは、ラーメンのサイズが約1/2、そして糖質量も1/2の麺を使用しているという、糖質を気にしている人向けのブランドでした。

 

 

確か、どんぶりのサイズを小さいながら大きく見せる工夫や、デザートを充実させて、ラーメンは控えめにしつつ甘味も楽しみたいという女性層を取り込むアイディアが紹介されていたはずです。

 

 

その当時はちょうど糖質制限を意識し始めた頃だったので、今回の「一風堂スタンド」同様、とても興味深かった印象があります。

 

 

今回の出張では「一風堂スタンド」に行く機会には恵まれなさそうですが、いつか一度は実際に行ってみたいと思います♪

 

 

今や大手飲食業では当たり前になりつつある海外進出を始め、他にも様々なブランド確立に挑戦している一風堂

 

 

その型破りな挑戦に、今後も要注目ですね。

 

 

今回はここまで!

 

 

本日の2記事目も、最後まで読んで下さり、本当にありがとうございました(*´ω`*)